熱中症

熱中症

もう人事ではありません。毎年大勢の方が熱中症で救急搬送されています。正しい知識を得て予防しましょう。

通販で探そっ! > 熱中症

熱中症 症状

熱中症は、暑さによって体に起こるいくつかの症状をを総称したもの。病名ではありません。
からだの体温調節機能がうまく働かなくなって、体内に熱がこもってしまいます。そして、体内の水分や塩分のバランスが崩れて、様々の体の症状を引き起こします。

軽症から重症に応じた症状は以下のとおり。

【軽度の症状】
腹痛、手足・腹筋のけいれん、数秒程度の失神、脈が速くなり呼吸が増加する、めまい
【中程度の症状】
頭痛、めまい、失神、吐き気、嘔吐、血圧低下など
【重度の症状】
意識障害、過呼吸、ショック症状

特に子供・乳幼児や高齢者の方は熱中症にかかりやすく、また自分では容態の変化に気づきにくい傾向にあります。
だからまわりの人間が注意深く見守ってあげて、異常に早く気づいて措置をとってあげることが大切です。

熱中症対策

何よりも予防することが大事。気をつけるべきポイントをあらかじめ知っておきましょう。

予防のキーワードは、体調管理と水分補給です。
睡眠不足・過労・風邪などで体力が弱っているときには、外出や運動を控えるように。
直射日光を避ける、帽子や日傘を常用するといった普段からの対策が必要です。

それから、水分補給のポイント。
できるだけ、味のついていない真水を取ることが大事です。
お茶やジュース、アイスコーヒー、ビールなど利尿作用のある飲み物だと、飲んだ量以上に尿として水分が排出されてしまうおそれがあります。
また、水分に加えて塩分の摂取も必要です。それには、薄めのスポーツドリンクが最適です。通常のスポーツドリンクだと糖分の取りすぎになってしまいます。
市販で買える塩飴も有効です。

熱中症 応急措置

熱中症にかかってしまった場合には、とにかく早く体温を下げることが重要です。
すでに述べた軽度の症状のうちに、応急措置を取りましょう。

まずは、涼しい場所に移動させます。
そしてタオルを水にぬらして体を拭いたり、うちわであおいであげる、全身に水をかけるなどを行います。
意識がしっかりしていて吐き気がないようなら、水分を取らせましょう。
さきに述べた中程度の症状を起こしているようなら、迷わず救急車を呼びましょう。
救急車が着くまでは、体温を下げる措置を続けます。

脇、首、股には動脈が流れているので、この場所を冷やすと体温が下がりやすいです。

 

 

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル

熱中症 トップへ戻る

Copyright 2015 © 通販で探そっ! All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ