老眼

老眼

老眼かな?と思ったら。老眼鏡の選び方について。

老眼とは

老眼とは、年とともに水晶体の弾力が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなる症状のことをいいます。

どんな人でもなるもので、早い人は40歳を過ぎる頃から、平均では45歳くらいになるとものの見え方が変わってきます。
それから、老眼はどんどん進んでいき、60歳くらいになると視力が安定します。

年をとったことを認めるのが嫌で我慢している人がいますが、放置すると肩こりや頭痛といった症状が出る場合もあります。

老眼鏡を早く使い始めると余計にすすむのではないかと心配する方がいますが、そんなことはありません。
それより、早め早めの対策で目の負担を減らす方が、ずっと健康的です。

老眼 チェック

以下の項目に当てはまるものがいくつありますか?
チェックしてみてください。

・夕方になると、ものが見えにくくなる
・ピントが合いづらいときがある
・薄暗いところでは、ものが見にくい
・新聞や本を読むときには、手元を少し離したほうが読みやすい
・パソコンを見た後で、目がしょぼしょぼする
・肩こりや頭痛が最近ひどくなった。

これらに当てはまる数が多いほど、老眼になっている可能性が高いといえます。

老眼鏡の選び方

老眼の対策としてはメガネとコンタクトがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。
ただ、まずは「遠近両用メガネ」を使うほうが、目への負担は軽くてよいようです。

最近の遠近両用メガネは、遠くから近くまで自然に見えるように徐々に度数を変えた「累進レンズ」が主流になっています。
デザインもオシャレなものが増えてきました。

遠近両用の他にも、手元から3~5メートル先がよく見える「中近レンズ」、手元から1メートル先までがよく見える「近々レンズ」といった種類があります。

自分の生活スタイルに合わせて、レンズを換えていくのが良いでしょう。視力が安定するまでは、数回メガネを買い替えるのが普通です。

 

近視・乱視・老眼に「パソネットPC-Eye」

 

老眼 トップへ戻る

Copyright 2016 © 通販で探そっ! All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ